足を長くする方法まとめ!子供(小学生・中学生・高校生)に効果的なストレッチやジャンプ運動も紹介

   

「足を長くしたい!」モデルさんの様にスラリと伸びた長い足はスタイルアップの一因であり、老若男女を問わず誰しもあこがれるものですよね。「短い脚がコンプレックス」と悩んでいるあなたに、こちらの記事では「足を長くする方法」をご紹介いたします

「足を長くする方法まとめ!子供(小学生・中学生・高校生)に効果的なストレッチやジャンプ運動も紹介」

中学生や高校生になり自分のスタイルを気にして悩んでいる方がいたら是非こちらの記事をお役立てください。さらに、「なるべくなら成長期の我が子の足も少しでも長~くしてあげたい。」と願うパパやママもぜひご活用くださいね。

こちらの記事では、「足を長くする方法まとめ!子供(小学生・中学生・高校生)に効果的なストレッチやジャンプ運動も紹介」と題し足を長くする方法を以下のやり方別でご紹介いたします。

  • 食事編
  • 運動編
  • ストレッチ編
  • 生活習慣改善編

 

ご自身に合った方法を選んで是非お試し下さい。

 

足を長くする方法はある?

「足を長くする方法まとめ!子供(小学生・中学生・高校生)に効果的なストレッチやジャンプ運動も紹介」

「遺伝なのでは?」「成長期を過ぎてしまったから無理?」とあきらめている人にこそ伝えたい!

「足を長くする方法はあります!」

足を長くするためには、「食事・運動・ストレッチ・生活習慣」という側面からのアプローチが大切です。

例えば足を延ばすための運動をいくら頑張っても、食事面がおろそかになるとなかなか効果は期待できませんし、短足の原因が生活習慣に大きく関わっていると、食事などいくら注意をしても効果は得られません。

やはり理想的なのは、足が長くなる方法「食事・運動・ストレッチ・生活習慣の見直し」すべてをまんべんなく行う事です。

小学生・中学生・高校生と、成長期の方には特に今すぐにでも取り組んでいただきたいのですが、大人の方にも効果がありますので参考にしてみてくださいね。


スポンサードリンク


食事編

足を長くする方法 小学生・中学生・高校生

まず最初にお伝えしたいのですが、「これを食べたら足が長くなる。」という魔法のような食べ物は残念ながらありません。

同様に『飲めば身長が伸びる』といった効果を売り文句にしている市販のサプリメントについて、主成分や摂取方法によっては具体的な効果を期待できないと日本小児内分泌学会による科学的な見解が出されています(参考サイト:日本小児内分泌学会 http://jspe.umin.jp/medical/kenkai.html)

足を長くするためには「バランスの良い食事」を心掛けることが大切です。

成長期のお子様であれば脚を長くする大前提として、身長を伸ばさなければいけません

肉や魚などのタンパク質を摂り、ビタミンやミネラルなどをまんべんなく摂ることで、身長は伸びやすくなります。

もちろん骨を強くし、骨の成長を促すことも重要なポイントですので、カルシウムが多く含まれている食材を積極的に摂るようにしましょう。

たんぱく質やビタミンD、ビタミンKが豊富な食品も食べると、カルシウムの効果があらわれやすくなりますよ。
カルシウムが多く含まれる食品は牛乳、ヨーグルト、チーズなどの乳製品や小松菜やほうれん草やひじきなどです。

また、毎日の食事だけで十分な栄養を摂ることが難しい場合はサプリメントをうまく組み合わせることも考えてみてください。

反対に、「塩分」の摂りすぎには注意が必要です。

こちらは大人の方にも言える事なのですが、塩分の摂りすぎは「むくみ」の原因となり、体の中でも特にむくみが出やすいのが「足」でそのせいで短足に見えてしまうという逆効果があるんです。

では、具体的にどんな食事が良いのか年代別にご紹介いたします。

小学生が足が長くなる方法

小学生の内は、骨を強くする食事に心掛けましょう。この時期に骨を強くしておくことで、成長期にぐんと伸びていきます。

「バランスの良い食事」でエネルギー量を確保した上で、カルシウム、たんぱく質、ビタミンD、亜鉛を積極的に摂るようにしましょう。

たんぱく質やビタミンDには、カルシウムの吸収を高める働きがあるので、一緒に食べると効果的なんですよ。

足が長くなるために重要な栄養素 栄養素が豊富に含まれる食品
カルシウム ヨーグルト、チーズ、牛乳、乳製品
たんぱく質 チーズ・卵・牛乳・豆腐・納豆
ビタミンD 魚(イワシ、さんま、サケ)きのこ
亜鉛 牡蠣・鯵(あじ)・油揚げ・卵・切り干し大根

特に牛乳や乳製品は他の製品に比べカルシュウムの吸収率が高く効率的に摂りやすくておすすめです。

ビタミンDは日光を浴びることによって体内で作られるので、お日様の下で外でよく遊ぶことも大切ですよ。

逆に甘いものを食べると、太るだけでなく砂糖がカルシウムの吸収をさまたげてしまうため、背が伸びにくくなると言われています。砂糖は肥満の原因ともなりますので、まだ親の目が届きやすい小学生の内からご両親の方で気を付けてあげてくださいね。

中学生・高校生が足が長くなる方法

中学生・高校生も、足を長くする第一条件として骨を強くする必要があります。基本的に、小学生同様バランスの良い食事が大切ですよ。

骨は繊維状のタンパク質(コラーゲン)が骨格となり、その繊維の間にカルシウムが吸着してできていきます。カルシウムだけだと固いだけの骨になってしまい伸びることができません。

身長を伸ばす=足を長くするためには、骨のしなやかさを促すコラーゲンも大切となります。

コラーゲンを豊富に含む食品は豚足、鶏の皮、豚バラ肉、魚の皮、うなぎなどです。注意すべきはコラーゲンそのままでは、スムーズに体に吸収されにくく、更にコラーゲンを豊富に含む食品には高カロリーのものが多いということ!

一度にたくさん食べると、栄養バランスを乱すことにつながるので、あまりおすすめできませんね。

特に中高生は、脂分を摂りすぎることでニキビ悩みや体重増加の悩みなどにもつながってきますので、コラーゲンに関してはサプリメントで摂取する方が、健康と美容に効果的といえるでしょう。

▼成長サポートサプリとして3冠達成 コラーゲンも効果的に摂取できるサプリメント

運動編

足が長くなる方法・運動・ジャンプ・O脚矯正

足を長くするには運動も大切です。

骨は縦方向の負荷を与えた後、しっかりと睡眠をとることで成長します。

縦方向の負荷とは、歩く・走る・ジャンプすることでかかる自然な重力の負荷をさします。なのでので「立っている時間を増やす」だけでも十分効果を得ることが出来るんです。

授業中は背筋をしっかり伸ばして座ったり、電車やバスではなるべく立っているようにしたりと日常の積み重ねが大切なんですよ。

こちらの記事では、運動の中でも特に効果のある運動についてご紹介いたします。


スポンサードリンク


ジャンプ

足を長くするのならジャンプをすると良いと言われています。ジャンプを良くするスポーツ、バスケットやバレーボールなどを選ぶと良いですよ。スポーツが苦手でスポーツの部活に入らない子は自分でウォーキングがおすすめですね。

ただ、注意も必要です。ジャンプと言ってもやみくもにジャンプする方法はお勧めできません。なぜなら足が太くなってしまう原因にもなるからなんです。

長く伸びた足は、できれば膝から下が長くスラリと細い足が理想的ですよね。実際、同じ長さでも筋肉の付き方によっては短い脚に見えてしまうこともあります。

バランスの良いスラリと長い脚の為、自宅でできる簡単な方法としては、「つま先立ち」でのジャンプです。⇒縄跳びは小学生から取り組めますね

足が伸びる運動 ジャンプ運動の方法

  • ハイヒールを履いているようにつま先立ちをしたまま、10秒間ジャンプする。
  • 一日5セット、朝と夕方2回継続

▼ポイント

足をスラリと伸ばすためにはアキレス腱を伸ばす必要があります。つま先立ちをすることで筋肉が硬くなり、アキレス腱が伸びやすい環境ができます。さらにジャンプすることで徐々にアキレス腱が伸び足が細く長くなるんです。ただ、10秒以上やってしまうと筋肉が疲労し、筋肉だけが伸びやすくなってしまうため やりすぎはダメですよ!

 

こちらは以前「明石家さんまさん司会のホンマでっかTV」で身体能力の研究一筋18年で大阪体育大学准教授の石川先生もご紹介している方法です。

かかとを使うジャンプは、筋肉を使うジャンプですのでふくらはぎの筋肉が発達し太くなってしまうんですよ。結果的に短足に見えてしまう要因となります

対してつま先でのジャンプは、アキレス腱を伸ばすことにつながり、細く長いバランスの良いモデルさんの様な足を目指せるというわけなんです。

O脚矯正エクセサイズ

O脚は両脚が外側に湾曲している状態のため、本来の長さよりも足が短くみえてしまいます。O脚を改善することで足が長くなるのも納得ですよね。

O脚は両脚が外側に向けて曲がっている状態なので、足の内側の筋肉を鍛えることでまっすぐな足に戻りやすくなります。

イスに座ったまま出来る簡単な筋トレをご紹介します。

  1. イスに座って足をぴったりとくっつけます
  2. 両手を膝の内側にあてて膝を開くように力を入れましょう
  3. 足は手とは反対に、膝を閉じるように力を入れてください。この状態で20秒キープ

この動きを合計3セット行いましょう!

 

比較的簡単にできてO脚を改善の効果が期待できるので、足を伸ばすためにぜひ続けてみてください。


スポンサードリンク


ストレッチ編

足が長くなる方法 ストレッチ

少しでも足を長く見せるには縦と横の比率も重要です。

足を細く引き締めれば縦のラインが強調されるので、その分足が長く見えますし、姿勢を正しくしたり、ヒップアップしたりということで、スタイルが悪く見えてしまう原因を改善していくことも大切です。

こちらでは、布団・ベットの上や寝ながら簡単にできる方法をご紹介しますので、就寝前のストレッチとして継続的に取り組むことをおすすめいたします。

股関節を柔らかくし足を長くするストレッチ

股関節が固いと、むくみ・猫背・O脚・X脚・とボディラインの乱れを招きます。脚を長くするストレッチは、なんといっても開脚がオススメです。

  1. 両足の裏を合わせてあぐらの様な姿勢になり、かかとを身体に引き寄せる
  2. 骨盤を立て30秒ゆっくりと呼吸をする
  3. 背中を丸めないように気を付けながら、手を床に付きゆっくりと上体を前に倒していく
  4. 痛(イタ)気持ちいいくらいのところでやめ、そのまま60秒ゆっくりと呼吸をする

ポイント

足裏を合わせられない人や足が浮いてしまう人は通常のあぐらでも大丈夫です。だんだん股関節が柔らかくなってきたら上記の方法にチャレンジしていってくださいね。

 

ヒップアップストレッチ

  1. 仰向けになって両足をそろえて膝を立ててお尻を上げます。(膝から肩までが一直線になるようにしましょう。)
  2. そこからお尻を下ろしていき、床につく前に再びお尻を上げます。
  3. この動きを20から30回くり返し、最後にお尻を上げた状態で10秒キープします。

ポイント

膝から肩までが一直線になる位置より高くならないことがポイントです。お尻を上げすぎるとお尻の筋肉が伸びません。また、ストレッチ中に膝が開かないように注意しましょう。

 

O脚改善のストレッチ

  1. 仰向けに寝た状態で両ひざを立てる
  2. 足をしっかりと組み、上に載っている方の足を反対の足の下にくぐらせる
  3. 左右両方の足で10秒ずつ交互に行う

ポイント

ストレッチに慣れてきたら、少しずつ時間を延ばしてみましょう。足の歪みにアプローチし、まっすぐ伸ばしていくことが期待できます。

 

姿勢を正し猫背を治すストレッチ

姿勢が悪いと、スタイルそのものが悪く見え、足も短く見えてしまいます。日本人は猫背気味の人が多く、それだけでスタイル的には損しちゃうんですよ。猫背を改善するだけでも、大部印象が変わってきますよ!

  1. 四つんばいになって、右手をひじを伸ばした状態で左手の延長線上の遠くについて息を吸います。
  2. 続いて、息を吐きながら重心を右に移動し、右手を外に開くように回転させ、そのまま30秒その姿勢を維持します。
  3. 反対側も同じ要領で行ってください。

ポイント

背中と脇を伸ばすストレッチで、肩回りを柔らかく伸ばしていきましょう。

 

▼肩甲骨から骨盤までを幅広くサポートし、心地よい使用感でしっかり猫背を補正します。装着や補正の調整も簡単で一番おすすめの猫背矯正ベルトです。

▼下着として着用するだけで美姿勢に!

ストレッチと共に、取り入れることでより気軽に簡単に美姿勢⇒スタイルアップが期待できますね!

スポンサードリンク


生活改善編

足が長く方法・生活改善編・正座・睡眠

せっかく栄養に気を付けたり、運動を重ねても生活習慣の中に足が短くなる原因があると効果は期待できません。生活習慣を見直し、足を短くする要因を取り除き、足が長くなるようアプローチしていきましょう。

子供(小・中学生)の足を長くするには睡眠が大切

質の良い睡眠を取ることは、子供の身長を伸ばすうえで重要な要素となります。すなわちそのことが足を長くすることにも直結します。

身長を伸ばす「成長ホルモン」は、夜寝ている間に分泌されるんです。眠りについた1時間後位から成長ホルモンが分泌しはじめ、最も多く分泌される時間帯は、夜10時から午前2時(睡眠のゴールデンタイム)だと言われているので、夜9時には眠りについていることがベストと言えます

お子様の眠りについては、親御さんの協力も必須ですので是非積極的に睡眠時間を確保してあげてくださいね。
特に中高生の皆さんは、塾通いがあったりスマホを深夜までさわってしまったりと、睡眠時間を確保するのが難しい状況になりやすいかと思います。

成長できる時期(足が長くなる時期)は成長期限定となりますので、足を長くするためにも少し調整する努力も必要ですね。

椅子に座るようにし正座をやめる

長時間の正座は控えなるべくイスを使用する事でむくみ予防になる。しかし、15分以下の美脚正座は骨盤矯正につながることも!

長時間の正座は、太ももとふくらはぎに体重がかかることで足全体の血流が滞り、更に血流だけでなくリンパの流れも悪くなるため、老廃物が溜まってむくみの原因になります。

むくみは太って見える原因となり結果的に短足に見えてしまいますので、長時間の正座は控え、普段はできるだけ正座をしない生活スタイルに変えてみましょう。

ただし、正座自体が足の成長を妨げているわけではありません。やり方によっては「開いてしまった骨盤を閉じるための矯正方法」としての効果もありますよ。

膝を付け、足先が内側に向かないようまっすぐ伸ばして正座すると、太ももにストレッチ効果もあり、開いてしまった骨盤を閉じる効果もあります(15分以上はNG)

歩き方を見直す

かかとを使った着地は筋肉を多く使い足が太くなる原因に!つま先を使い足のばねを使い運動する(歩く)ことでアキレス腱を延ばす=足を長くすることにつながります

つま先は上げず足首の力を抜いて、腰を軸にして歩くことを心掛けましょう。前に大きく足を出すのではなく、後ろで蹴り出すような意識を持つとつま先を上手に使うことができますよ。

さらに足裏の重心はやや内側よりに置くことで、O脚予防にもなりまっすぐ伸びた足の成長を促します。

姿勢に気を付ける

正しい歩き方をするにあたって、まずは正しい姿勢を意識してみましょう。

頭のてっぺんからから糸で吊るされたような意識で立ちます。一度両手を合わせて頭の上で伸びをします。そのままの姿勢をキープしたまま腕だけを軽く下ろした状態が「正しい姿勢」です!

こちらは、座っているときでもできる方法ですのでなるべく日常的に意識していきましょう。

決して猫背にならないように、お子様の場合は親御さんのほうでも注意してあげてください。大人の方は、しっかりと意識したうえで生活するようにしましょうね。

スポンサードリンク


足を長くする方法まとめ

「足を長くする方法まとめ!子供(小学生・中学生・高校生)に効果的なストレッチやジャンプ運動も紹介」と題しまとめてきましたがいかがでしたでしょうか。

足を長くする方法はあります。小学生・中学生・高校生の方はなるべく早めの実践を!大人の方は「成長期を過ぎてしまった」「遺伝かも」と可能性をあきらめずに、チャレンジしてみてくださいね。

こちらの記事では足を長くする方法を

  • 食事
  • 運動
  • ストレッチ
  • 生活習慣の改善

 

の面からご紹介いたしました。

子供に足を長くする為サポートする大人が子供達にできる事、それは身長が伸びる為の環境をととのえてあげる事です。栄養素を考えた食事はもちろんの事、普段の食事から摂取しにくいコラーゲンなどはサプリメントなどで摂取することも検討しましょう。

小学生や中学生はまだまだ成長期の途中です。普段の生活で楽しみながらスポーツやストレッチを行いましょう。

さらに、睡眠の質を上げるような環境作りや生活習慣を見直していくなど足が長くなる可能性をあきらめずにチャレンジしていきましょうね。
大人は成長期が終わっていますので、バランスの良い筋肉を付けたり、ストレッチでO脚矯正や猫背改善などで美脚になる為の努力が必要です。自分に合ったストレッチなどを持続して行いましょう。

こちらの記事が、あなたの足長効果とスタイルアップに少しでもお役立ちいただけると光栄です。


スポンサードリンク


  関連記事

紙コップダイエット
紙コップダイエットで失敗しないやり方!コップのサイズや食べる順番を紹介

韓国で大人気の紙コップダイエットですが、名前を聞いただけでは「紙コップで何するの ...

フラワーノーズ(flower knows)取扱い店舗まとめ|東京・京都・大坂等販売店や通販でも売ってる?
フラワーノーズ(flower knows)取扱い店舗まとめ|東京・京都・大坂等販売店や通販でも売ってる?

SNSでも人気のコスメ【フラワーノーズ(flower knows)】!リップやア ...

アイドル水の本当の作り方
アイドル水の本当の作り方とは?レモン汁の代用品や日持ち賞味期限についても紹介

韓国アイドルって、みんなスリムできれいだから憧れますよね。 そんな彼女たちが、こ ...

中国コスメのおすすめ&人気リップTOP8!!彫刻やテディベアなどランキングで紹介

凛として艶やかで媚びない美しいメイクの、「チャイボーグメイク(「中華メイク」)」 ...

スキンケア
マスクでもメイクが落ちない!化粧崩れ防止スプレーランキングTOP10

マスクをすると、マスクとの摩擦や呼吸による湿気やムレでメイクが崩れてしまいがちで ...

コチラの記事も読まれています

 - 子育て, 美容・ファッション