チャコールバターコーヒーは妊娠中や授乳中でも大丈夫?産後ダイエットでの正しい飲み方とは?

      2022/05/23

チャコールバターコーヒーって妊娠中でも飲めるの?
産後ダイエットで取り入れたいんだけどチャコールバターコーヒーは授乳中は飲んでもいい?

このような疑問や悩みにお答えしていきたいと思います。

チャコールバターコーヒー

チャコールバターコーヒー(デカフェ)

チャコールバターコーヒーは、炭(チャコール)が使用されているバターコーヒーということで、燃焼エネルギー効率をアップする効果があり、バターの良質な脂分が空腹感を優しくケアしてくれることで、ダイエット効果が期待できるといわれています。

妊娠中の体重増加や産後のダイエットにお悩みで、「ぜひ取り入れてみたい」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

でもママとして一番に心配される点としては赤ちゃんに悪影響がないかということですよね。

妊娠中・授乳中はママも食べ物一つをとっても気を使うものです。

チャコールバターコーヒーを、妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫なのか、産後ダイエットに適した取り入れ方はないのかを詳しくご紹介してまいります。

 

チャコールバターコーヒーは妊娠中でも大丈夫?

チャコールバターコーヒーは妊娠中でも大丈夫?

チャコールバターコーヒーは妊娠中でも飲むことができますが、注意点があります。

まず、カフェイン入りのチャコールバターコーヒーは妊娠中は胎児への影響を考えるとお勧めできません。

チャコールバターコーヒーには、【デカフェ(カフェインレス)】がありますので、妊娠中はこちらのタイプをお勧めいたします。

チャコールバターコーヒー(デカフェ)

公式なホームページでは次のように案内されています。

カフェインの観点から言えば大丈夫とお答えしますが、念のためかかりつけのお医者様に御確認ください。

出典元:ミウラタクヤ商店(お客様からよくある質問)

妊娠中にチャコールバターコーヒーを飲みたいという方の多くが、ダイエットを目的としていることが予想できます。

チャコールバターコーヒーは、手軽さ&デトックス効果&食欲コントロールというアプローチからダイエット効果が期待できるのですが、妊娠中のデトックスや食欲コントロールは念の為に産婦人科の先生に相談しておくのが安全です。

妊娠中は絶対にダメだということではありませんが、念のため病院の医師に確認してから取り入れるようにしましょうね。

チャコールバターコーヒーには、腸内環境を整える効果もありますので、妊娠中の便秘に悩まされている方も、病院の先生に確認しながら取り入れていかれることをお勧めいたします。

妊娠中のダイエットについて

妊娠中は、妊婦検診のたびに体重チエックが行われ、お医者さんからは、妊娠糖尿病妊娠高血圧症候群などのリスクを予防するためにも体重の急激な増加に気を付けるよう指導を受けたりしますよね。

私も体重管理には悩まされました。ダイエットに関してもいろいろと調べまくったものです。

しかし、妊娠中に過剰なダイエットをすることは母体にもおなかの赤ちゃんにも危険が及ぶので注意が必要です。

上手に栄養をとりながら体重を管理することが理想的だといわれています。

妊娠中のダイエットのポイント

  • 1日3食バランスの良い食事を心がけましょう。
  • まごわやさしい【「ま」=豆、「ご」=ごま、「わ」=わかめ、「や」=野菜、「さ」=魚、「し」=しいたけ、「い」=いもの略】を食事に取り入れ、食べ過ぎ防止に努める
  • 適度な運動もあわせて行う

 

チャコールバターコーヒーを妊娠中に取り入れる際には、食事との置き換えという飲み方ではなく、栄養をしっかり3食の食事から摂り、間食や食べ過ぎ防止に取り入れるという方法を考えていきましょう。

もちろん必ず、担当の医師としっかりと話し合うことも忘れずに!

カフェインレスが妊娠中は安心

妊娠中に、ママが摂取したカフェインは胎盤を通して赤ちゃんに移行します。

私が妊娠中に担当の先生にご指導いただいたことは、

カフェインの摂取量が1日150mg未満の妊婦さんに比べて、1日300mg以上摂取する妊婦さんは、流産のリスクが2倍、 コーヒー1日8杯以上で死産のリスクを高めるという報告があります

という内容でした。

カフェインが含まれる飲み物や食べ物は案外多いものです。

最近では、「カフェインレス」という嬉しい商品が多く確認できますので、コーヒー好きの妊娠中のママは、「カフェインレス」を選んで楽しんでいただくことをお勧めいたします。

「カフェインレス」とは、本来カフェインを含んでいる飲料や食物からカフェインを取り除いたもので、カフェインの含有率が0.1%以下に抑えられたものを指します。

「カフェインレス」コーヒーという表記には、日本では明確な線引きがあり、全国公正取引協議会連合会が定めた規約に準じ、「カフェインを90%以上取り除いた」コーヒー飲料・レギュラーコーヒー・インスタントコーヒーにのみ、表記記載が許されています。

チャコールバターコーヒー(デカフェ)

「デカフェ」はフランス語で「カフェインレス」と同じ意味です。

デカフェチャコールバターコーヒーも99%以上のカフェインが除去されています。 

妊娠中のママにはこちらのタイプが安心ですね。

チャコールバターコーヒーは授乳中でも大丈夫?

チャコールバターコーヒーは授乳中でも大丈夫?

では次に授乳中のママがチャコールバターを飲んでもいいのか、安全性について確認していきましょう。

チャコールバターコーヒーは授乳中でも飲むことができますが、やはり注意点があります。
授乳中はカフェインレスタイプを選びましょう!

チャコールバターコーヒー(デカフェ)

授乳中は、ママの母乳を通してカフェインが赤ちゃんに移行することが確認されています。

授乳中のお母さんが過剰に摂取すると、母乳からの影響で、赤ちゃんが興奮状態になる、寝つきが悪くなる、落ち着きがなくなったりするなどの可能性があります。

また、体内でカフェインが半分に減るまでの時間は、乳児は成人の20倍以上という報告もあるんです。

乳幼児はカフェイン代謝に約80時間程かかります。その分の影響も出やすいといえるでしょう。

カフェインレスタイプを選ぶことで、カフェインの影響は避けることができますので安心ですよ。

カフェインレスのチャコールバターコーヒーは、産後ダイエットの面からも大きく注目されています。

[チャコールバターコーヒー]産後ダイエットでの正しい飲み方

[チャコールバターコーヒー]産後ダイエットでの正しい飲み方

産後のダイエットの手段として、チャコールバターコーヒーを取り入れる際にも注意点があります。

ダイエット目的という飲み方には注意が必要です。

産後ダイエットは、産後2ヶ月頃から始めるのが良いといわれています。

すぐに体型を戻したいと思う方も多いかと思いますが、産後1か月程度は体を回復させるためにしっかりと休むことを優先させましょう。

産後1ヶ月検診では、病院で赤ちゃんの成長とママの体の回復状態を確認していきます。

担当の先生から特別注意が必要だといわれなければ、このころからダイエットを始めていくことができます。

デカフェチャコールバターコーヒーは産後ダイエットに取り入れることができます。しかし、食事との置き換えという取り入れ方はNGです。

授乳中は母乳のためにも普段以上に栄養が必要です。

慣れない子育てで生活が不規則になりやすいうえ、授乳で多くの栄養が母乳として出て行ってしますので、栄養ははしっかり取ることが大切です。

そもそも、産後の授乳している間というのは、自然に体重が落ちやすい状態で、食事制限をしなくても体重は減っていく可能性が高いんです。

食事管理よりも栄養バランスのとれた食事をしっかりとることを心がけるようにしてくださいね。

焦らず、産後2ヶ月ほどを目安に飲み始めるといいですよ。

嗜好品としてママのリラックスのために、また大切な水分補給として取り入れるには、カフェインレスのデカフェは安心ですよね。

チャコールバターコーヒー(デカフェ)

チャコールバターコーヒーはバターの脂質、MCTオイル、水溶性食物繊維などのお通じやデトックスをサポートしてくれる栄養素が体に働きかけることで、腸内環境を整え、炭の力で老廃物を排出させる効果が期待されています。

産後はママの体もホルモンバランスの変化や、授乳による水分不足などが重なり便秘に悩みがちです。

ぜひそんなときにも上手にデカフェチャコールバターコーヒーを取り入れてみてはいかがでしょうか。

デカフェチャコールバターコーヒーは、スティク粉末でお湯や水でサッと溶かすだけで10秒で完成するという手軽さも魅力です。

育児に追われ、ついつい自分のことは後回しとなってしまいがちな産後のママには、この手軽さもうれしいですよね。

チャコールバターコーヒーは妊娠中や授乳中でも大丈夫?まとめ

チャコールバターコーヒーは妊娠中や授乳中は、カフェインの胎児や乳児へに危険性という視点からみておすすめできません。

しかし、デカフェチャコールバターコーヒーはカフェインを99%以上も除去されているカフェインレスコーヒー ですので、妊娠中や授乳中にはこちらのタイプを取り入れることをお勧めいたします。

妊娠中や授乳中に、ダイエット目的で食事との置き換えという方法は、赤ちゃんやママの健康のためにもお勧めできません。

補助的な方法として使用する際にも担当医師に相談すると安心です。

デカフェチャコールバターコーヒーは、スティク粉末でお湯や水でサッと溶かすだけで10秒で完成するという手軽さも魅力です。

チャコールバターコーヒーはバターの脂質、MCTオイル、水溶性食物繊維などのお通じやデトックスをサポートしてくれる栄養素が体に働きかけることで、腸内環境を整え、炭の力で老廃物を排出させる効果が期待されています。

育児に追われ、自分のことは後回しとなってしまいがちな産後のママに、この手軽さと効果はおすすめですよ。

チャコールバターコーヒーを妊娠中・授乳中に取り入れる際には、食事との置き換えという飲み方ではなく、栄養をしっかり3食の食事から摂り、間食や食べ過ぎ防止に取り入れるという方法を考えていきましょうね。

ぜひ、無理のない産後ダイエットにも上手に取り入れてください。

 


スポンサードリンク


  関連記事

豆腐ダイエットは太る?口コミから紐解く効果的なやり方やおすすめレシピを紹介
豆腐ダイエットは太る?口コミから紐解く効果的なやり方やおすすめレシピを紹介

「豆腐ダイエット」で「太る?」こちらの記事はその疑問に焦点を当て解説してまいりま ...

マスク
マスクによる鼻の頭の化粧崩れを防ぐ5つのコツと化粧直しテク2選

季節の風邪・インフルエンザ・花粉症とマスクが手放せない毎日が続きますね。 マスク ...

美酢タイミング
美酢を飲むタイミングはいつがいい?ダイエットに効果がある痩せる飲み方を紹介

ダイエットをするにあたって、美酢を取り入れている人は多いと思います。 しかし毎日 ...

アイドル水の本当の作り方
アイドル水の本当の作り方とは?レモン汁の代用品や日持ち賞味期限についても紹介

韓国アイドルって、みんなスリムできれいだから憧れますよね。 そんな彼女たちが、こ ...

ジアイーノはペット臭やカビには効果ない?実際に使った感想・口コミ

そうお悩みの方の間で最近話題なのがパナソニックの次亜塩素酸 空間除菌脱臭機ジアイ ...

コチラの記事も読まれています

 - 健康・ヘルスケア, 美容・ファッション