失敗しない豆乳ダイエットのやり方は?効果的に痩せるための飲むタイミングと一日の摂取量

      2021/08/10

ダイエット効果・美容効果・健康効果と、飲むことでいいことずくめの「豆乳」! その中でも「豆乳のダイエット効果」に焦点を絞り詳しくご紹介いたします。

豆乳でダイエットを成功させるための効果的な飲み方が知りたい。
効果的に痩せるには朝と夜いつ飲むといいの?一日の摂取量は?

今回は「失敗しない豆乳ダイエットのやり方は?効果的に痩せるための飲むタイミングと一日の摂取量」と題し、以下の内容で記事をまとめました。

  • 豆乳のダイエット効果
  • 失敗しない豆乳ダイエットのやり方
  • 効果的に痩せるには朝と夜いつ飲むといいの?
  • 一日の摂取量は?

 

失敗しない豆乳ダイエットのやり方をご紹介していきます。皆様のダイエットにお役立ちいただけると光栄です。

 

豆乳のダイエット効果

失敗しない豆乳ダイエットのやり方は?効果的に痩せるための飲むタイミングと一日の摂取量

豆乳に期待できるダイエット効果

食欲を抑えやすく、腸内環境を整え代謝が上がり体が痩せやすい状態になりダイエットにつながる

 

豆乳の栄養成分 期待できるダイエット効果
サポニン 血液中の余分な脂分を排出しやすくしてくれる
レシチン 肝臓から中性脂肪を運び出す働き
オリゴ糖 腸内の乳酸菌が増え、腸内環境が整うことで便秘が解消

さらに……。

豆乳に含まれるたんぱく質を摂ることで筋肉が増えれば、基礎代謝量も上がりますし、新陳代謝を促し、肌のターンオーバーを活性化できます。

豆乳に含まれるサポニンやビタミンEには抗酸化作用があり肌や髪を美しく保つという美容効果も同時に得られますので一度で2度も3度もうれしい効果が期待できますよ。


スポンサードリンク


失敗しない豆乳ダイエットのやり方

失敗しない豆乳ダイエットのやり方は?効果的に痩せるための飲むタイミングと一日の摂取量

豆乳ダイエットで失敗しないためにも豆乳選びは大切です。

豆乳の種類は大きく分けて、

  • 調製豆乳
  • 無調整豆乳
  • 豆乳飲料

という種類があります。

▼ダイエットに適した豆乳をおすすめ順に表にしてみました。

おすすめ順 種類 大豆固形分 カロリー(200ml)
第1位 無調整豆乳 大豆固形分8%以上 95kcal
第2位 調整豆乳 大豆固形分6%以上 132kcal
第3位 豆乳飲料 大豆固形分2~4%以上 (※)

(※)豆乳飲料は各メーカの商品によってカロリーが大きく異なります。100キロカロリーを超える物から50キロカロリーほどにおさえられたものまであります。

ダイエットに最も適していると言えるのは、甘さ(糖質)などが加えられておらず、豆乳のダイエット効果を栄養素として効果的に摂取できる無調整豆乳です。

カロリーだけを見ると豆乳飲料のカロリーオフタイプが良いのでは?と思われるかもしれませんが、栄養素をしっかりとることで痩せやすい体質へとナビゲートしていくのが「豆乳ダイエット」ですので、栄養素をしっかりと摂ることができる無調整豆乳が一番のおすすめです。

ただ、豆乳の味やにおいが気になって苦手という人や初めて豆乳ダイエットに挑戦する人は、飲みやすくいろんな味のバリエーションがある調整豆乳や豆乳飲料から慣れていくといいですよ。

それでは、失敗しない豆乳ダイエットのやり方をご紹介いたします。ポイント(コツ)を押さえて効果的にダイエットを成功させましょうね。

豆乳ダイエットのやり方

豆乳ダイエットのやり方を2通りご紹介いたします。組み合わせて行う事で飽きることなく楽しみながらダイエットを続けられますよ。

①基本的な方法

豆乳ダイエットの基本的な方法は、無調整豆乳などの低カロリーな豆乳1日に200~400ml程度食事をする20~30分前に温めて飲むことです。

 

食事の前に摂取することで満腹中枢を刺激し食欲を抑えられ、摂取カロリーをより少なくおさえることができます。脂肪を溜まりにくくする効果も活用しながらダイエットを行っていきます。

1日に200~400ml程度(コップ1~2杯)を摂取するだけですので、簡単ですよね。

私は朝のコーヒーにミルクの代わりに豆乳を使いたっぷりのモーニングコーヒーにしています。これだけで十分腹持ちもいいんですよ。特に朝は1分1秒も無駄にできませんので、お手軽なのが一番!

②置き換え方法

豆乳の味やにおいが苦手でなかなか取り組めないという方には、「置き換え」という方法がおすすめです。

生クリームや牛乳といった食材の置き換えや、おやつやデザートなどスイーツ等との置き換えで、豆乳が苦手な方でも取り組みやすくなる方法です。

 

豆乳は温めたり冷やしたりしても栄養はほとんど変わりません。

豆乳は料理に使用したりスイーツを作ったりしてもダイエット効果を期待できるダイエットサポートとしても最適な食材でもあるんです。

そのまま飲む方法に比べて調理という手間が必要となりますが、美味しく続けられるというメリットがありますね。

ダイエットしている本人はもちろんですが、小さなお子様も安心して食べられますので、家族で楽しめるのも豆乳の魅力ですよ。

▼材料2つだけでできる美味しいスイーツレシピも紹介しています。是非ご参照ください。

豆乳ダイエット簡単レシピの記事はこちらです

効果的に痩せるには朝と夜いつ飲むといいの?

豆乳を飲む時間帯(タイミング)に明確な定義はありません。ダイエット目的で考えると「食事20~30分前」というのが最適な時間と言えます。

飲む時間帯による効果の違いは以下の通りです。

▼朝

朝タンパク質を取ることで、身体の代謝が上がり痩せやすくなります。朝飲んで活動することでより効率的に脂肪燃焼効果を期待できます。

 

▼おやつがわり

おやつ代わりに飲むことで腹持ちが良く間食が控えられます。糖分や脂質などついつい取りすぎてしまうおやつですが、ここで豆乳を飲むこおさえられますね。

 

▼夜

3食の中でも一般的にカロリーが多くなりがちな夕食前に豆乳を飲むことで、脂肪をたまりにくくし、更に満腹感を得られ、摂取カロリーを大きく抑えられると考えられます。また、新陳代謝を促す作用もありますので、肌の生まれ変わりがより活発になる夜に摂取することで美肌も手に入れられるといううれしい副産物も!

 

ご自身の一日のスケジュールに照らし合せ、臨機応変に取り組めるのも豆乳ダイエットの魅力なんですよ。


スポンサードリンク


一日の摂取量は?

豆乳の理想的な1日の摂取量は200ml~400ml以内

 

ダイエット効果・美容効果・健康効果が得られる豆乳ですが、何事も摂りすぎはよくありません。

 

豆乳のダイエット効果をもたらす大切な栄養素「イソフラボン」は、ホルモンバランスに大きな影響を与えます。

摂りすぎるとホルモンバランスを崩してしまう恐れがありますので、摂取量は正しく守りましょう。

小分けタイプの豆乳は200mlがほとんどですので一日1~2パックが適切な摂取量と言えます(コップ1杯約200ml)。飲みやすく持ち運びもにも適していますのでおススメです。
1000mlタイプは小分けにして飲んだりご家族で楽しむのに最適です。お料理にも使いやすいですね。

豆乳でダイエット!効果的な飲み方まとめ

「失敗しない豆乳ダイエットのやり方は?効果的に痩せるための飲むタイミングと一日の摂取量」と題しまとめてきましたがいかがでしたでしょうか。

  • ダイエットには無調整豆乳がオススメだが、豆乳を初めて飲む人は調整豆乳や豆乳飲料から慣れていくのも良い。
  • 豆乳は食事の20~30分前に飲むことで、脂肪を吸収しにくく満腹感を得られるため食事の摂取カロリーを抑えられる。
  • 豆乳の理想的な摂取量は200ml~400ml! ホルモンバランスに影響を及ぼすので摂取量を守って飲み事が大切。

 

温めたり冷やしたりと、温度によって栄養素が変わることがほとんどなく、食材としても様々なレシピに使用できる豆乳を上手に取り入れて、ダイエットに活かしてみてはいかがでしょうか。

ダイエットしながら、お肌や髪の状態も整えてくれるといううれしい効果が期待できますよ。

摂取量を正しく守って、美味しく楽しく美しいダイエットを目指しましょう!

簡単豆乳レシピ(簡単アレンジ・メイン・スイーツまで)はこちらから

 

生理前豆乳ダイエットの方法はこちらから

スポンサードリンク


  関連記事

格安航空会社(LCC)が倒産した時のチケット払戻しや対処方法まとめ!

格安航空会社(LCC:Low-cost carrier)といえば、サービスを最低 ...

乾燥肌だから?ハンドクリームを使っていても手荒れが治らない意外な理由

乾燥の季節、到来です! 例年11月も半ばを過ぎると気温も下がり、乾燥した日が続く ...

2~4人用おすすめテント10選|初心者向けワンタッチで簡単&高コスパな公園でも使えるタイプを厳選

「高機能・簡単設営・安い・おしゃれ」そんな高コスパなテントが欲しい! キャンプや ...

父の日の失敗談|プレゼントのマナーを知らずにやっちゃった!意外と知らない贈り物のタブーをご紹介
父の日の失敗談|プレゼントのマナーを知らずにやっちゃった!意外と知らない贈り物のタブーをご紹介

「喜んでもらいたい」と一生懸命プレゼントを選んだのに、「失敗しちゃった」と後悔し ...

sakura
入学式・入園式の服装マナー。アクセサリーやコサージュの注意点は?

子供にとっても親にとっても、ドキドキワクワクの入学式・入園式。 一生の記念に残る ...

コチラの記事も読まれています

 - ライフスタイル, 健康・ヘルスケア