怪獣8号最新話33話のあらすじとネタバレ感想|正体バレのカフカはどうなる?ミナのヒロイン力が爆発!

   

2週間空いてやっと怪獣8号の最新話33話が掲載されました!

前回の32話では、立川基地を守るために日比野カフカが怪獣に変身。

その結果、亜白ミナ隊長や保科宗四郎副隊長ら防衛隊第3部隊の隊員たちに正体がバレることに。

正体バレした日比野の運命やいかに?

ということで早速33話のあらすじからスタートです!

前回32話のあらすじネタバレ記事はコチラ↓

怪獣8号32話ネタバレ考察|カフカの一撃がワンパンマンに似てる?正体バレからの展開予想!

怪獣8号33話のあらすじ

防衛隊本部では怪獣8号の処分が議論されます。

さまざま意見がでるなか、四ノ宮功(しのみやいさお)防衛隊長官は第3部隊に怪獣8号の身柄を引き渡すように要請します。

防衛隊第3部隊がいる立川基地では、日比野の身柄が拘束されていました。

拘束された日比野の前に亜白隊長が現れ、「本部に移送する」と告げます。

亜白隊長に引き連れられ、移送車に移動する日比野。

移送車の周りには警備部隊が。立ち並ぶ防衛隊員の中に市川レノや四ノ宮キコル、古橋伊春らの姿も。

みんなに顔向けできない日比野は、俯(うつむ)いたまま移送車に乗り込みます。

果たして日比野はどうなるのか?

ということで、次はネタバレ感想です!


スポンサードリンク


 

怪獣8号33話のネタバレ感想

防衛隊本部では怪獣8号の対応について議論されていました。

防衛隊内に大怪獣クラスが忍び込んでいたことを重大に受け止め、秘密裏に対策することが検討されます。

「すぐに殺処分して軍事転用すべき」という意見や、「生態兵器として利用できないか?」などという意見が。

議論が紛糾するなか、防衛隊長官の四ノ宮功は「処置は収容した後」とし、第3部隊に怪獣8号の身柄を引き渡すように要請します。

キコルパパの厳つさ半端ない(笑)

一方、第3部隊が詰める立川基地では、日比野の身柄が拘束されています。

怪獣化して立川基地を救ってから、厳重に拘束されたまま1日が経過していました。

そんな日比野の様子を監視室から伺(うかが)う保科副隊長。その眼光は鋭くも、どこか哀しげにも見えます。

日比野はこれからの事を考えていました。キコルに正体を明かした時、「防衛隊に正体がバレれば、兵器のパーツとして使われるかもしれない」と言われたことを思い出し、ため息が漏れます。

やっと一歩だけ亜白に近づけたと思ったのに。亜白は怒ってるだろうか。

天井を眺めながらそんな事を考える日比野。

その時、拘束室の扉が開き、亜白が姿を表します。

亜白は、「これから日比野の身柄を本部施設に移送する」と、告げます。

亜白の後につき連行される日比野。表に出ると、第3部隊の隊員たちが銃を携(たずさ)え並んでいます。

その中には市川や四ノ宮、古橋の姿も。ですが、その表情を伺い知ることはできません。

日比野は、彼らを裏切ってしまったという気持ちから、顔を合わせることができませんでした。

特に市川に対しては、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

いつも気にかけてくれていたのに裏切ってしまった。許してもらえないだろう…。そう思い、俯いたまま移送車に乗り込む日比野。

その後ろ姿に「先輩」と声をかける市川。

その声に驚き振り向いた日比野に、「戻ってくるって信じてますから」と、それまでと変わらない信頼の表情を向けます。

ヤバイ、泣きそう

市川の言葉にあっけに取られた日比野。何も言葉を返せないまま、移送車の扉が閉まります。

日比野と一緒に移送車に乗り込んで亜白が、後ろを向いたまま、日比野に話しかけます(この時荷台には日比野と亜白の2人だけです)。

日比野が怪獣になった事には驚いたけれど、基地を救うために迷わず走り出したところが「カフカくんらしい」と。

ヤバイ、これも泣きそう

そして、日比野が人間だと証明できれば処分を免れる可能性もあるので、有利な証拠や映像を集め、隊員としての働きもまとめて報告する、と。

そして…。

「第3部隊に日比野を敵(怪獣)だと思っている者は1人もいない」と。

それだけ言うと、亜白は日比野に座るように指示し、移送場所などについての説明を始めます。

そんな亜白に日比野は、「まだお前の隣を目指していいのかな」と涙ながらに問いかけます。

それに対して亜白は、

うん ずっと待ってる

と答えるのでした。

ヤバイ 泣いた(泣)

そして日比野は、東京都江東区 防衛隊有明りんかい基地に拘束収容されるのでした。

と言うところで怪獣8号33話終了です!


スポンサードリンク


 

怪獣8号33話の読後考察

前回で「エピソード3 立川基地襲撃」は終了だったようです。33話から「エピソード4 捕われた怪獣8号」がスタートとなりました。

今回の怪獣8号33話は泣かせにきてますね(笑)

日比野の正体がバレてしまったにも関わらず、それでも信じて「待っている」という市川くん。

日比野の正体を知っていたならば、市川くんにも何らかの処分がありそうなものですが、そんな事はお構いなしに日比野の身を案じる姿にウルッとします。

さすがヒロイン! と、いつもなら市川くんを持ち上げて終わるところですが、今回は亜白ミナの「真正ヒロイン力」が大爆発!

これまでパッとしなかった亜白が、他のヒロイン候補をゴボウ抜きです(笑)

カフカとミナの関係が激アツで泣いた

日比野と亜白の関係をおさらいしておくと、2人は幼馴染です。そして、「2人で怪獣を全滅させよう」と誓った仲です。

ですが、亜白が防衛隊隊長として活躍するなか、日比野は怪獣専門の清掃作業員として半ば夢を諦めていました。

それが、市川くんの登場により、再び防衛隊員を目指し、やっとの思いで防衛隊に入隊し、亜白の隣にほんの少し近づくことができました。

防衛隊員として活躍し、亜白の隣に並ぶ! と、頑張っていたところに、今回の正体バレで全てが崩れ去っていきます。

「もう防衛隊員としてやっていけない。殺処分されるかもしれない。」そんな絶望的な状況の中、普段は固い口調の亜白が、昔のような素の表情で「ずっと待ってる」と、日比野に告げるシーンは涙腺崩壊モノです(泣)

どうして怪獣になったのか分からないけれど、それでもカフカくんらしさは変わらない。だから今もまた、約束が叶う日をずっと待っている。

そんな亜白の日比野への思いが強く感じられた話でした。

普段の「ツン」がキコル以上なので、より「デレ」の時にグッときてしまいますね(笑)

日比野と亜白の約束が叶う日を願うばかりです。


スポンサードリンク


 

四ノ宮パパが厳つくて怪獣感が凄い(笑)

今回もう1つ気になったのが、冒頭に出てきたキコルパパの四ノ宮功(しのみやいさお)さんです。

率直に言って、このお父さんこんなに厳つかったでしたっけ(笑)?

瞳孔の開き具合といい、髭やもみ上げ、シワのフォルムといい、「怪獣感」が半端ないんですが(笑)

「人体に怪獣組織を移植する研究がある」なんて話も出てましたけど、キコルパパ移植されてないっすか(笑)?

そうなるとなんか、「東京喰種」みたいな感じも出てきますね。

実は防衛隊上層部は人型怪獣でした。なんてオチになったりして(笑)

怪獣8号33話のまとめ

今回は怪獣8号最新話33話のあらすじとネタバレ感想をご紹介しました。

主人公の日比野の身柄が拘束され、新エピソードの始まりです。

少なくとも第3部隊の隊員達は味方になってくれそうですが、今後どうなるのか?

防衛隊上層部に認められ、「防衛隊公認の怪獣」として活躍するのか?

それとも殺処分が決定し、有明りんかい基地から第3部隊の援助で逃げ出すのか?

保科副隊長の険しい目つきも気になりますね。日比野の殺処分が決まった場合、保科副隊長は日比野と防衛隊上層部と、どちら側につくのでしょう。

日比野の今後の明暗が決定しそうなエピソード4。どんな展開になるのか楽しみです!

最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサードリンク


  関連記事

怪獣8号最新話41話のネタバレ感想|ハカイジュウに似てる大穴出現!?第一部隊でのカフカとキコルの活躍は?

怪獣8号の最新話41話が掲載されました! 前回の40話では、日比野カフカの第一部 ...

怪獣8号29話(最新話)ネタバレ感想|幼馴染ヒロイン亜白ミナの解放戦力がヤバイ件

怪獣8号の最新話、29話が掲載されました! 2週間はやっぱり長い(涙) 前回は、 ...

映画「名探偵コナン緋色の弾丸」ネタバレあらすじ紹介!○○の意味深な行動やセリフも考察してみた

  ついに公開されました「名探偵コナン緋色の弾丸」!嬉しくて公開日仕事 ...

怪獣8号最新話35話のネタバレ|キコルパパの専用武器登場!どんな能力か考察

怪獣8号最新話35話が掲載されました! 前回、日比野カフカのもとを訪れた四ノ宮功 ...

怪獣8号28ネタバレ感想|怪獣10号のフォルティチュードが上昇!伏線回収で保科副隊長ピンチ?

怪獣8号28話が掲載されました! 前回の27話では、第3部隊の隊員達の力によって ...

コチラの記事も読まれています

 - アニメ・漫画 ,