Inbigo!

明日のあなたを元気にする情報を提供していきます。

音楽CDの「EP」や「E.P.」とは?シングルやアルバムとの違いを解説

      2019/10/16

大好きなアーティストが新曲を発表するときってすごくワクワクしますよね。

シングルでの発売かな?それともアルバムかな?お金貯めなきゃ!とドキドキです。

ところでごくたま〜に「EP」もしくは「E.P.」って名前がついて発売されることってありませんか?

この「EP」、一体どういう意味かご存知でしょうか?

今回は音楽CDでたまに見かける「EP」について、シングルやアルバムとの違いも含めて解説していきたいと思います!

スポンサードリンク

「EP」「E.P.」とは?

えーまず、ずばり「EP」とは「Extended Play」の略称です!

現在使われている意味合いとしては「曲の数がシングルよりもちょっと多いけどアルバムよりも少ないCD」といったニュアンスで使われることが多い言葉です。

表題曲が3~6曲あるようなちょっとお得な盤と言えます。

元々はレコード盤の形状を表すときの呼称で、SP盤(standard Play)やLP盤(long Play)など色々と種類があったんですが、現在ではEP盤という呼び名だけが残ったようです。

わかりますよ、EPって響きがなんだかオシャレですから…

続いてもう少し詳しくシングルやアルバムとの違いについて解説していきます!

スポンサードリンク

シングルやアルバムとの違いは?

「EP」は「曲の数がシングルよりもちょっと多いけどアルバムよりも少ないCD」ですので、

収録曲数が シングル > EP > アルバム といった感じになります。

え、それってつまり「ミニアルバム」とか「マキシシングル」じゃない…?

と思った方、鋭いですね。

そう、実は「EP」については細かな定義が無いので、ぶっちゃけEPもミニアルバムもマキシシングルもすべて同じようなものです。

もちろん制作したアーティストにとって色んな想いが込められて作られているでしょうから「一つのテーマに沿って作成したけど制作期間が短くて曲数が足りなかったからミニアルバムだ!」とか「シングルとして出しても遜色ない曲が複数出来たからマキシシングルとして発売しよう!」など、さまざまな思惑が潜んでいるんじゃないかなと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は「EP(Extended Play」についてご紹介いたしました。

ちなみにレコード全盛時代のアメリカでは、曲数がたくさん収録されたLP盤(=アルバム)が高価で買えない学生にとっては、SP盤(=シングル)よりも曲数が多くて値段もそこそこに抑えられていたEP盤が非常に人気だったそうですよ!

EP盤を見たときは色んな背景を感じながら楽しんでいただければと思います。

それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

  関連記事

スナックミー
スナックミーの口コミ評判は?実際に届くおやつの中身やコスパも調査

そんなお菓子好きの間で話題のサービスが「スナックミー」です。 スナックミーとはど ...

スキンケア
マスクでファンデが落ちるのを防ぐ5つの方法!メイク崩れの原因や対処法を紹介

マスクをするとファンデがマスクについて汚くなってしまったり、化粧が崩れてしまった ...

sugi-kafun
花粉症に効く食べ物は?予防や対策と症状の改善に効くおすすめの食材

毎年2月にはいると、目がかゆくなる・鼻がムズムズする症状が出始める方も多いのでは ...

豆苗再生栽培
豆苗の再利用で失敗しない栽培方法!水が濁る原因やカビは食べても大丈夫?

炒め物にしたり、サラダにしたり、蒸し料理やお鍋と、 あのシャキシャキとした歯ごた ...

ハッカ油スプレー
ハッカ油スプレーの便利な使い方6選!マスクの涼感や暑さ対策・虫よけ・あせもにも!

爽やかな香りでアロマオイル(エッセンシャルオイル/精油)としても人気のあるハッカ ...

コチラの記事も読まれています

 - ミュージック, ライフスタイル