Inbigo!

明日のあなたを元気にする情報を提供していきます。

9月入学のメリットやデメリットは?学年の区切りは何月生まれ?

   

緊急事態宣言が出て全国が自粛ムードの中全国の小中学校などで9月入学の導入の話が話題になっています。

日本では全く初めての経験なので
いざ、いきなり9月入学です!と言われても
なかなか戸惑いますよね。

  • 9月入学にした場合のメリットやデメリット
  • 9月入学がいつから開始されるのか?
  • 学年の区切りは何月生まれ?

など気になることがたくさんあると思いもいます。

今回は海外の9月入学を参考に調べて考えましたので
ご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

9月入学のメリットとデメリットは?

まずは一番気になるメリットとデメリットからご紹介していきます。

9月入学のメリット

一番のメリットは日本から海外に留学がしやすくなることではないでしょうか。

海外では9月入学が主流です。

今までは日本の学校を学期途中で自主退学・休学にして海外の学校へ入学するか、
学校を3月に卒業して5ヶ月ほどの空白の時間を過ごしてから海外に留学する流れになっていました。

日本も9月入学にすると休学する必要も空白の時間を過ごすこともなくなります。

また、日本の受験シーズンと言えば冬ですが、9月入学になると受験が春か夏になると思います。

なのでインフルエンザや雪に悩まされることがありません
また2月3月は花粉症に苦しめられる受験生も少なくありません。

そういった外的要因による負担が無くなるのも、またメリットでしょう。

9月入学のデメリット

次にデメリットです。

日本の新入社員の受け入れ時期といえば4月が一般的です。
なので就職活動の開始時期や入社時期も大幅にずらさなければなりません。

国や、地方自治体の会計年度は4月から翌3月までの1年間なので
そこも修正をかけていかなければならないでしょう。

そして、音楽・イベント業界にも影響が出ることが考えられます。
その影響としては一番に出てくるのは卒業や入学の定番ソングです。

『春』や『桜』などのワードが多いですから、
レミオロメンの『3月9日』、森山直太朗の『桜』を始めとして、
数々の名曲・定番ソングたちが、まさに「季節外れ」になってしまうという事態に。

イベント自粛で活動を制限されているアーティストたちですが、
自粛解除後も苦難は続きそうです。

スポンサードリンク

9月入学はいつから開始?

9月入学について議論が始まったばかりですが、ではいつから9月入学になるのでしょう?

9月からの入学を実施する場合、まずそれが法的に有効である内容だと整備する必要がありますので、学校教育法が改正する流れになるでしょう。
そうすると法案の提出から、衆参両院の議会で承認を受け決定するまでに、どれだけ早くとも期間として10日〜1ヶ月くらいは掛かると想定されます。

また、法案が改正されても、受け入れる学校側の負担は大変重くなることが想像されます。

具体的には「学習指導要領の修正」、「各種行事の見直し」など、受け入れ体制を整える必要があります。

以上のことから考えると、2020年から9月入学になるとした場合、最低でも6月上旬までには方針の決定が発表されると考えられます。

ただ、実際にはもう4月に入学式が終わっている学校もありますので、来年2021年からのスタートになる可能性が高いのでは無いでしょうか。

学年の区切りは何月生まれの誕生日?

9月入学が開始する場合、やはり気になるのは学年の区切りです。

自分の子どもがどのタイミングで入学となるのか?
分からないままだと混乱してしまいますよね。

8月31日生まれは何年生になるの?
9月1日生まれはどっち?早生まれ扱い?

いつからいつまでの区切りで1学年になるのか海外の情報をもとに調べてみました。

調査の結果、学年の区切りには2パターンあるようです。

  • 9月1日〜翌8月31日までを1学年とする
  • 9月2日〜翌9月1日までを1学年とする

これらを参考に、日本でもどちらかになると思います。

境目となる9月1日生まれの扱いがそれぞれ異なりますので、非常に難しいところですね。

しかし、2020年の生徒は4月2日〜2021年の4月1日までの生徒が入学していますので
2021年度は2021年4月2日〜2022年8月31日(9月1日)の生徒が入学することになります。

同じ学年に1年半年が違う子がいるのもなんだか不思議な感じしてしまいます。

そして、1年半分の学年の子達が受験するときには、自ずと倍率が増えてしまいますので不利な気がしてしまいます。

1年半分の生徒が1学年になった場合、単純に生徒数が約1.5倍になるわけですから、一時的にクラス数が増加することになりますね。

9月入学のメリットとデメリットまとめ

ここまで9月入学について説明してきました。

まとめると

  • メリットは留学がしやすく、受験の際に困ることが少ない。
  • デメリットはすべての試験が繰り越さなければならず、調整が大変である。
  • 2020年からの9月入学開始はハードルが高く急ピッチでの準備が必要。
  • 1学年の区切りは9月1日〜8月31日までと、9月2日〜9月1日までの2パターンの可能性が高い

今まで4月入学で慣れてきたのでいきなり9月入学と言われても戸惑いますね。

お伝えしたことを参考にしていただいてしっかり準備していただけたらと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

  関連記事

あん肝で口がしびれる…。原因はアレルギー?苦さと渋みの理由

先日、とある海鮮系のフードフェスへ参加した際に「あん肝鍋」を食べました。 大根や ...

ヨーグルト
自家製ヨーグルトのネバネバは食べても大丈夫?粘りの原因や対策と危険サイン

最近は健康ブームということもあって、市販のヨーグルトをタネにして、自家製ヨーグル ...

sugi-kafun
2020年のスギ花粉ピークはいつからいつまで?杉花粉が終わる時期は?

2月とは思えない程暖かい日が続いていますね。 今年2020年は記録的な暖冬といわ ...

no image
instaチェッカーで出来る事と使い方まとめ|乗っ取りの危険性や注意点も解説

Instagramを使っている人なら確実にチェックしておきたいinstaチェッカ ...

蚊
蚊よけブレスレットは効かない?本当に効果があるおすすめ商品の口コミ・評価を調査!

デング熱や日本脳炎、ジカ熱などの感染症に感染する危険もあることから、蚊よけ対策に ...

コチラの記事も読まれています

 - ライフスタイル