「チャミスルは体に悪くて危険」の噂は本当?原料・カロリーに糖質まで徹底調査してみた

      2022/02/13

韓流ブームにのり、韓国焼酎「チャミスル」も日本で気軽に楽しめるようになりましたが、時折「チャミスルは体に悪くて危険」「まずい」という意見を聞くことが……。

はたしてチャミスルはまずいのでしょうか?体に悪く危険なのでしょうか?

そこで今回は、【「チャミスルは体に悪くて危険」の噂は本当?原料・カロリーに糖質まで徹底調査してみた】と題し記事をまとめたいと思います。

▼以下の内容をまとめています

  • 韓国焼酎チャミスルはまずい?
  • チャミスルは体に悪い・危険と言われる理由
  • チャミスルの原料・カロリーや糖質
  • チャミスルの美味しい飲み方・割り方

 

チャミスルの原料・カロリー・糖質を徹底調査し危険と言われる理由に迫っていきます。

 

チャミスルはまずい?

チャミスルに対する評価は、「美味しい」「飲みやすい」「好き」と高評価な意見が多いのですが、確かに「まずい」と評価している意見も見られます。

チャミスルがまずいと言われる理由を口コミをもとに調査いたしました。

▼口コミからわかるチャミスルをまずいと感じる主な理由

  • 理由①焼酎が苦手(焼酎の香りが苦手)
  • 理由②甘すぎてまずい (フレーバーが甘すぎと感じる)

 

「まずい 」と評価している方の多くが、上記2点を理由に挙げています。

まず「理由①焼酎が苦手(焼酎の香りが苦手)」という意見についてみてみましょう。

「まずい」と評価している方は「焼酎が苦手」という共通点が見られます。

チャミスルは、米と麦を原料とした焼酎です。
輸入にあたり酒税法上はリキュール類に属している)

焼酎が苦手な方の多くが「香りがムリ」「後味が嫌い」などという理由をあげますよね。

焼酎は原材料の香りを感じられることが魅力でもある蒸留酒なのですが、焼酎が苦手と感じる方の多くは、韓国焼酎に限らず、日本の焼酎であってもその香りを苦手と感じているようです。

「甘すぎてまずい」の声

チャミスルを「まずい」と評価している方で一番多い理由は「甘すぎる」という意見です。

チャミスルは、お酒が苦手な方にも楽しんでほしいという理由から、いろんなフレーバーを揃えています。

香りや甘みが感じられるラインナップで、「カクテルの様で美味しい・飲みやすい」という意見がある一方で、「甘すぎてまずい」と感じてしまう方が多いようですね。

以上の事から「まずい」という意見には、お酒の好みの問題が大きく関わっていることが分かります。

飲み方を工夫することで、チャミスルを美味しく楽しむことができますので、後程詳しくご紹介したいと思います。


スポンサードリンク


チャミスルは体に悪い・危険と言われる理由

次に、チャミスルは体に悪い・危険と言われる理由について調査いたしました。

理由①:甘いのはなぜ?(ステビア)が含まれている?

チャミスルの甘さの秘密は、原料である米と麦・サツマイモやタピオカ等穀物由来の糖蜜からできたアルコールと、「ステビア」等天然甘味料や酸味料などの添加物です。

「ステビア」は、日本では安全性が確立された甘味料の1つとして位置づけをされており、お菓子や清涼飲料水、ヨーグルト、インスタント食品など幅広い食品で使用されていますが、アメリカやEUの国では「発がん性や生殖器への影響」が示唆され使用禁止となってことがあります。

現在は、研究によりそのような効果はないとされ、使用規制が緩和されていますが、やはり不安に感じる方は多いようで、「ステビアが入ったチャミスル」イコール「危険」というイメージが伴っているようです。

ステビアは砂糖の200〜300倍の甘さを持ちながら、糖質はゼロなので血糖値の上昇は起きないという特徴もあり、病院での糖尿病の食事療法やダイエットにもよく利用されています

理由②:悪酔いする・吐く

チャミスルはスッキリとした爽やかな味わいと、まろやかな後味でとても飲みやすく、フレーバー付きの物は甘くて飲みやすい特徴があります。

しかしアルコール度数は決して低いとは言えませんので、飲み過ぎちゃうとやはり酔っちゃいます。

「飲みやすくてついつい飲みすぎ、悪酔い酔いしてしまう→吐く」という人が多いため体に悪いという噂が広がってしまったようです。

飲みすぎはやはり危険です。お酒はほどほどにしましょうね

理由➂:太る?

チャミスルは、「韓国焼酎」と言いながら、日本の酒税法での分類では「リキュール」に属します。リキュールは焼酎に比べ糖質もカロリーも高いので、飲みすぎには注意が必要です。

更に、チャミスルに関わらず美味しいお酒にはおいしいおつまみがつきもので、食べすぎ、飲み過ぎが重なると太るのは必然と言えます。

チャミスルを飲んだことで太るというわけではなく、何事も摂りすぎると良くないという事ですね。


スポンサードリンク


チャミスルの原料・カロリーや糖質を徹底調査

チャミスルが「体に悪い?」「危険?」「太る?」という疑問を、チャミスルの原料・カロリーや糖質の面から、解明していきましょう。

アルコール度数は高い?原料は?

  • チャミスルのアルコール度数は13度です
  • チャミスルの主な原材料は米と麦です。さつまいもやタピオカなどの穀物も混ざっています。

これら穀物由来の糖蜜を発酵させて連続式蒸溜機で蒸溜、生成された高純度アルコールに水を加えて、度数を調整した「希釈式焼酎」甘味料や酸味料などが添加されています。

各フレーバーごとに、香料やフルーツ濃縮液などの材料が微妙に異なります。

ビールがアルコール度数4%前後ですので、チャミスルを1杯飲むのと、ビールをコップで4杯飲むのと同じ位なんですよ。

チャミスルの種類・カロリー・糖質一覧

チャミスル【チャミスルフレッシュ】=ノーマルタイプのカロリー・糖質

  • カロリー:132キロカロリー(100ccあたり)myfitnesspal調べ
  • 糖質:ほぼ0に近い

ほとんどのチャミスルが1瓶(360ミリリットル)で販売されているため1瓶で475キロカロリーですね。

糖質はノーマルタイプ(チャミスルフレッシュ)はほぼ0に近いと言えますが、フレーバータイプは糖分が加えられており、カロリー・糖質共にぐんと上がると考えられます。

公式サイトでも各種チャミスルの正確なカロリーや糖質を開示しておらず当記事で確実な数値を記載できませんでした。確認でき次第追記でご紹介いたします。

▼眞露 チャミスルの種類一覧

眞露 チャミスルの種類 原材料
眞露 ジンロ チャミスルフレッシュ fresh リキュール 17.2度 360ml 瓶
精製水、酒精、結晶果糖、米蒸留式焼原液(米(韓国産))、麦蒸留式焼酎(麦(韓国産))等
精製水、酒精、液状果糖、砂糖、クエン酸、リンゴ酸、乳酸、合成着香料(マスカット香)、マスカット濃縮液(マスカット チリ)
精製水、酒精、液状果糖、砂糖、クエン酸、リンゴ酸、乳酸、合成着香料(すもも)、すもも濃縮液
精製水、酒精、液状果糖、砂糖、クエン酸、リンゴ酸、乳酸、合成着香料(グレープフルーツ香)、天然ライム香、レッドグレープフルーツ濃縮液(0.015%イスラエル)
精製水、酒精、液状果糖、砂糖、クエン酸、リンゴ酸、乳酸、合成着香料

全ての種類を飲み比べるのもおすすめです

チャミスルの美味しい飲み方・割り方

チャミスルの美味しい飲み方・割り方をご紹介いたします。自分なりの飲み方を見つけてたのしんでくださいね。

割らずにストレート

韓国では一番人気の飲み方! キンキンに冷やしたストレート。スッキリしたうまさのチャミスルフレッシュがおすすめです。
フレーバータイプもしっかり冷やすと甘さが抑えられ飲みやすくなりますよ。
韓国ドラマでよく見るショットグラスでどうぞ

熱燗:お湯割り

フレーバータイプも意外とお湯割りに合うんですよね。ノーマルタイプには梅干しを入れたりとアレンジもGood!
熱燗はチャミスルの香りがより感じられ、まるで日本酒の様な味わい方が楽しめます。

チャミスル×ソーダ割り

無糖の炭酸水(ソーダ)で割るだけでとっても飲みやすい酎ハイに変身!
無糖の炭酸水(ソーダ)を使う事でカロリーも抑えることができますよ。

午後の紅茶(午後ティー)割り:SNSで人気

SNS バズったチャミスルの午後ティー割。個人的にはチャミスル1:午後の紅茶2の割合が好きですが、お好みの割合でどうぞ。無糖の午後ティーならカロリーも抑えられてGood!

弾酒:ビール割り

 韓国ではポピュラーなビール割。通称・爆弾酒。アルコールに自信のある方は一度お試しください。飲みすぎにはくれぐれもご注意を!


スポンサードリンク


韓国焼酎【チャミスル】まとめ

【「チャミスルは体に悪くて危険」の噂は本当?原料・カロリーに糖質まで徹底調査してみた】と題しまとめてきましたがいかがでしょうか?

▼チャミスルを「まずい」と評価している方の主な理由

  • 理由①焼酎が苦手(焼酎の香りが苦手)
  • 理由②甘すぎてまずい (フレーバーが甘すぎと感じる)

これらは、お酒の好みの問題だということが分かりました。

▼体に悪い・危険と言われる理由

  • 甘味料ステビアが含まれている
  • 飲みやすくすいすい飲めるので飲みすぎてしまい危険

 

甘味料ステビアに関しては、日本では多くの食品で使用され、病院で糖尿病患者の食事療法などにも使用される甘味料ですし、飲みすぎてしまうというのは個人の飲み方の問題です。

一部の誤った情報が広がり、「チャミスルは体に悪くて危険」という噂が広がっていることが分かりました。

チャミスルはいろんな飲み方で楽しめるお酒です。お値段もとってもお手頃で1瓶360mlと内容量もチャレンジしやすい大きさなので是非一度お試しくださいね。

美味しい飲み方を見つけたら、是非コメント等で教えて下さい。


スポンサードリンク


  関連記事

【日傘】完全遮光&遮熱おすすめ12選|軽量・折りたたみ・大きめや長傘などタイプ別に紹介
【日傘】完全遮光&遮熱おすすめ12選|軽量・折りたたみ・大きめや長傘などタイプ別に紹介

日差しが気になる季節となってきました。 完全遮光&遮熱機能を備えた日傘で、涼しさ ...

絵本のサブスク7選比較!
絵本のサブスク8選比較!アプリや定期便・レンタルなどタイプ別におすすめを紹介

子供向け絵本のサブスクリプション(定期購読)サービスが人気となっています。 とは ...

【紫外線対策】おすすめの日傘5選!サンバリアや芦屋ロサブランの口コミ評判

紫外線の量と強さのピークが4月から始まる、という事実をご存知でしょうか? 寒い時 ...

Aliexpressで紛争期限切れになっても返金できる?
AliExpressで紛争期限切れになっても返金できる?期間を過ぎた場合の返金方法を紹介

流行りのファッションを安く買えると有名なAliexpressですが、使っていると ...

ADDress定額住み放題とは?仕組みや使い方と利用してみた感想や評判

減っていく人口、そして、深刻化する空き家問題。 今後さらに加速していくと言われる ...

コチラの記事も読まれています

 - グルメ, ライフスタイル