新札(ピン札)を無料で確実に入手する5つの方法!土日でもOKな場所も紹介

   

この記事では、新札(ピン札)を無料で確実に入手するための方法をお伝えします。

結婚式や出産祝い、入学祝いや卒業祝い、お年玉としてお金を包む機会は多いですが、

お財布の中に新札が無い!

なんていうピンチになることは多いものです。

そんなときに役立つ情報を5つの方法にまとめてご紹介します。土日でも対応している場所もありますので、ぜひ参考にしてください。


スポンサードリンク


新札(ピン札)の魅力と必要性

新札は、見た目が綺麗で折り目がないため、お祝い事や贈り物に最適です。

特に結婚式やお正月、お祝い金を渡す場面では、新札が使われることが一般的です。しかし、新札を手に入れるのは簡単ではありません。

だからこそ、この記事を通じて、どこでどのようにして新札を入手できるのかを詳しく解説していきます。

新札を無料で入手する方法

方法1: 銀行の窓口

銀行の窓口は新札を入手する最も確実な方法です。
窓口で新札が欲しいと伝えると、多くの場合対応してくれます。

特に主要な銀行では、新札の在庫を常に確保しているため、急なお願いにも対応してくれることが多いです。

例えば、結婚式や葬式など急な事情があると伝えれば、特に丁寧に対応してくれることが多いです。

事前に電話で確認しておくと、さらにスムーズに手続きを進められます。
窓口での対応時間を確認し、早めに訪れることをお勧めします。


スポンサードリンク


方法2: ATMの利用

意外と感じられるかもしれませんが、一部のATMでは新札を引き出すことができます。

特に、主要な都市部の銀行ATMでは新札が補充されていることが多いです。

例えば、新年や特別なイベントの前には新札が多く補充される傾向があります。

ただし、全てのATMで新札が出てくるわけではないので、何度か試してみる必要があります。
新札が出てくる確率を高めるためには、銀行の本店や支店のATMを利用するのが良いでしょう。

お金の回収・補充のタイミングによって確率も変わりますので、銀行であれば営業時間の開始直後や終了後1時間以内が狙い目です。

私の経験上、夜18時以降の駅にあるATMからはピン札が出てくる可能性が高かったです!

何度か試してみて、出てこなかった場合には銀行の窓口を利用するのも一つの手です。

方法3: 結婚式場やイベント会場

結婚式場やイベント会場では、新札を準備している場合があります。

特に結婚式シーズンには、新札を必要とするゲストが多いため、会場側も対応しています。

受付で新札をお願いすると、用意してくれることがあります。
結婚式場であれば、式の準備中に新札を手に入れることができるので便利です。

また、大きなイベント会場でも、新札の需要に対応している場合があるので、事前に確認してみると良いでしょう。

この方法は、特定のイベント時に限定されることが多いので、計画的に利用することが重要です。


スポンサードリンク


方法4: 郵便局の窓口

郵便局の窓口も新札を入手する方法の一つです。
郵便局では、通常の銀行業務と同様に新札の交換サービスを行っています。

特に、お年玉シーズンやお盆の時期には、新札の需要が高まるため、多くの郵便局で新札を準備しています。
窓口で新札が欲しい旨を伝えると、対応してくれることが多いです。

また、郵便局は全国に多数あり、アクセスしやすいのも利点です。
事前に電話で確認するとスムーズに手続きが進められますよ。

時間帯によっては混雑することもあるので、早めに訪れることをお勧めします。

方法5: 地域の信用金庫や農協

地域の信用金庫や農協(JA)も、新札を入手できる場所です。

特に、地方にお住まいの方にとっては、信用金庫や農協が身近な金融機関として利用しやすいです。
これらの機関では、新札の需要を考慮して在庫を確保している場合が多いです。

窓口で新札をお願いすると、対応してくれることがほとんどです。

ただし、地域差も大きいので対応が渋いところもあります。。。

また、地域密着型のサービスを提供しているため、顧客対応が親切で丁寧です。
事前に電話で確認してから訪れると、確実に新札を手に入れることができます。


スポンサードリンク


土日でも新札を入手できる場所

土日でも新札を入手できる場所は限られていますが、以下の方法で対応可能です。

まず、主要都市の銀行の一部では、土日営業を行っている支店があります。
特にショッピングモール内にある支店では、土日も営業していることが多いため、新札を手に入れやすいです。

また、ATMを利用する方法もあります。新札が出る可能性は低いですが、都市部の銀行ATMでは新札が補充されていることがあるので、試してみる価値はあります。
さらに、コンビニ内のATMでも新札が出てくる場合があります。こちらも試してみると良いでしょう。

まとめ

新札を無料で確実に入手するための5つの方法を紹介しました。

銀行の窓口、ATMの利用、結婚式場やイベント会場、郵便局の窓口、地域の信用金庫や農協の窓口で新札を手に入れることができます。

また、土日でも対応している場所を確認し、計画的に新札を入手してください。

これで、お祝い事や特別な場面でも安心して新札を準備することができますね。皆さんもぜひ参考にして、新札を手に入れてください!


スポンサードリンク


  関連記事

蓋がトングになる容器
蓋がトングになる容器はどこに売ってる?販売店は東急ハンズだけ?売り場はどこかも調べてみた!

Twitterで話題になっている蓋がトングになる容器をご存じでしょうか? プラス ...

【洗濯機で紙おむつ洗ってポリマー地獄】を柔軟剤で即解決!ドラム式洗濯乾燥機の対処法も解説
【洗濯機で紙おむつ洗ってポリマー地獄】を柔軟剤で即解決!ドラム式洗濯乾燥機の対処法も解説

【洗濯機で紙おむつ洗ってポリマー地獄】と、今まさにお悩みの方に解決策をご紹介しま ...

【2021年10月最新】GoToトラベル再開はいつから?キャンペーン復活の見込み予想やいつ予約すると良いかを解説
【2022年3月最新】GoToトラベル再開はいつから?キャンペーン復活の見込み予想やいつ予約すると良いかを解説

2022年3月17日最新情報を更新しました! 岸田首相は3月16日、観光支援策「 ...

バブーシュって何?特徴やコーディネートはどうする?

2017年、ヒットの兆しを見せているバブーシュについてご紹介します。 目次1 バ ...

ツバメの巣対策10選|作らせないための予防方法(100均グッズ~おしゃれな防ぎ方まで紹介)
ツバメの巣対策10選|作らせないための予防方法(100均グッズ~おしゃれな防ぎ方まで紹介)

ツバメの巣を作らせないための対策方法(ツバメを傷つけることなくできる方法)をご紹 ...

コチラの記事も読まれています

 - ライフスタイル