去年買った日焼け止めは使っても大丈夫?使用期限や効果についても調べてみた

   

 

6月に入って気温が高くなり紫外線が気になり始める頃になってきて、日焼け止めが主役になる時期がやってきますね。

いざ使おうと思い棚の奥を探すと去年開けたまま使ってない日焼け止め!これって使えるの?でも半分以上残ってて買い換えるのはもったいないな…という経験はありませんか?

私はズボラなのもありますが、夏場のずっと外に出る日しか使わないので毎年使い切れず残してしまいます。

開封してから1年たっている日焼け止めだけど肌に異常は無いし、効果も変わってないと思うから、とそのまま気にせず使っている方もいるかもしれません。

そこで本記事では以下について調べてみましたので、参考にしてみてください。

  • 去年開けた日焼け止めは使ってもいい?
  • 使用期限はある?もし使ったらどうなる?
  • 使い切るにはどうしたら良い?

去年の日焼け止めは使える?

去年の日焼け止めの使用はオススメはしませんが、絶対に使ってはいけないという訳ではありません。

しかしお顔に使うのは肌荒れなどが怖いのでボディ用として使うのがベターです!

日焼けを防止する成分は残っているので全く効果が無いという訳ではありませんが、保存方法によっては成分が酸化し、変色・異臭・分離など変化している場合があります。見た目や匂いに変化がある場合は使用を控えてください。

よっぽど保管方法が悪くない場合、1年で変色する可能性は低いので見た目に変化が無い場合は使っても問題なさそうですね。

開封後の日焼け止めの正しい保管方法は「冷暗所」「温度変化が少ない場所」「フタをしっかり閉める」の3つです。

もし来年も繰り越して使いたいな、と考えている方はこの3点に注意してくださいね。


スポンサードリンク


使用期限はあるの?

  • 未開封:3年程度
  • 開封済み:1年程度

日焼け止めなどの化粧品は基本的に消費期限は設けられていませんが、目安として未開封のものは3年、開封済みのものは1年で使い切ることが良いとされています。

液体が黄色くなるなどの変色、油のような異臭、肌へのなじみ方がおかしいなど分かりやすく変化がある場合は期限内でも使用を控えましょう。もちろん、肌に異常があった場合も使うのは止めておきましょう。

使いかけのものにはマジックなどで開封した日を記入しておくと良いですね◎

使ってしまったらどうなる?

もしおかしな日焼け止めを使ってしまったら最悪の場合、

  • 肌が荒れ、赤くなる
  • かゆみが出てくる
  • シミやシワの原因になる

などの症状がでてしまうことがあります。

一気に使う前に一度少量を手にとってみてピリッとした痛みがないか、赤くならないかなどを確認するのが良いですね。

もちろん効果も期待できないのでこういった症状が起こった場合はすぐに使用を控えましょう。


スポンサードリンク


1シーズンで使い切る方法

どうしても使い切れない!という方に1シーズンで使い切る方法をまとめてみたので参考にしてみてください。

小さいサイズを使う

夏のジリジリと肌が焼けそうなほど暑い日しか使わない・めったに外に出ず使うことがあまりないという方にオススメなのが「小さいサイズの日焼け止め」です。顔・からだ兼用のものを買いましょう。

どうしても大容量のものの方が安くコスパが良いですが、使う回数を見極めて思い切ってミニサイズを購入してみましょう。

あまり店頭では見かけませんが使い切りタイプもあるのでこちらも参考にしてみてください。

スプレータイプを使う

塗り直すのはもちろん塗るのも正直面倒臭い!というズボラさんにオススメなのがスプレータイプの日焼け止めです。

1度に使う量が多いので消費スピードが速いですが、今回の場合めちゃめちゃおすすめです。

それにスプレータイプは開封後3年は使ってもいいので安心して大容量のものを買えるのも良いですね。

しかし汗・水に弱く持続時間が短いため長時間の外出にの場合塗り直しの回数が多くなることに注意が必要です。

たっぷり使う

日焼け止めの基本ですが、ケチらずたっぷり使いましょう!

日焼け止めに記載してあるSPFの効果をしっかり実感するためには思っているよりたっぷり使わないと効果が無いというのは意外と知らない方が多いのではないでしょうか。

およそ肌1㎠あたり2mgを塗ることを基準にしています。顔全体に塗るなら500円玉大くらいの量が目安ということになります。腕・足に換算すると結構な量を使いますね。

それに長時間外にいる時は2~3時間ごとの塗り直しも必要になります。

外出する回数が多い方は通常サイズを購入して、たっぷり使うことをおすすめします。

去年の日焼け止めは使えるのかまとめ

  • 去年の日焼け止めは使ってもいいけどボディ用にするのがベター◎
  • 見た目や匂いに変化がある場合は使ってはいけない
  • 使った場合は肌荒れなどの症状を起こすことがある

いかがでしたか?

今年もコロナ渦であまり外出する機会も多くありませんが、ぜひ自分に合った日焼け止めを使って今年の夏も乗り越えましょう!


スポンサードリンク


  関連記事

中国コスメのおすすめ&人気リップTOP8!!彫刻やテディベアなどランキングで紹介

凛として艶やかで媚びない美しいメイクの、「チャイボーグメイク(「中華メイク」)」 ...

マスク焼けしてしまった時の対処法!早く治す方法や隠し方に予防方法も調べてみた

コロナ渦で2度目の夏がやってきます!今年も例年並かそれ以上の暑さになるようですね ...

Sasala
Sasala銀座店(脱毛サロン)を体験してきた!勧誘や料金、解約について調査

YouTubeを見ていると医療脱毛や美容に関しての広告が出る事がありますよね。 ...

【韓国コスメ口紅】マスクにつかない&落ちないリップ人気おすすめランキング」
【韓国コスメ口紅】マスクにつかない&落ちないリップ人気おすすめランキング

今回こちらの記事では大人気韓国リップの中から、落ちにくさ・発色の良さ・コスパ・口 ...

紙コップダイエット
紙コップダイエットで失敗しないやり方!コップのサイズや食べる順番を紹介

韓国で大人気の紙コップダイエットですが、名前を聞いただけでは「紙コップで何するの ...

コチラの記事も読まれています

 - 美容・ファッション