Inbigo!

明日のあなたを元気にする情報を提供していきます。

センザンコウとは何?サンド(ポケモン)のモチーフになった絶滅危惧種

      2020/02/08

ポケモンが好きなお子さんがいる家庭では、パパさんやママさんも、
ポケモンを見れば何となくポケモンの顔と名前が一致している方が多いでしょう。

  • ピカチュウなら名前の通りネズミをイメージできますし
  • ゼニガメなら名前にすでにカメが入っていますし
  • ラットも英語の「ラット」が由来でしょう

そんなときに、子供から「サンドって何の動物のイメージなのかな~?」なんて質問をされると、親も何だろうって考えてしまうものです。

  • ヤマアラシか?
  • はたまたアルマジロか?

なんとなく想像しては、ちょっと違うなぁと結論づけたり。
そんなわけで気になって調べてみたところ、サンドのモデルは「センザンコウ」という生き物だと書かれていました。

聞いたことのない動物です、センザンコウ
ここでまた一つの謎が生まれてしまいました。

ポケモンのサンドのモデルになったセンザンコウとはいったい、どんな動物なのでしょうか?

スポンサードリンク

センザンコウとは?

大人の方でも、いきなり「センザンコウ」と聞かれても答えられる方は、非常に少ないのではないでしょうか?

お線香の種類や香木の種類のような響きでもありますし、
漢字で「千斬鋼」と書くと何やらかっこいい必殺技のようにも見えます。

センザンコウは、れっきとした哺乳類で、中国をはじめ東南アジアからアフリカまで生息が確認されています。
全身を鱗で覆われており、アルマジロのように敵が来ると丸くなって鱗で防御する動物です。

現在、哺乳類で鱗が付いている種類は、センザンコウの種類しかいません

アジアでは、中国・インド・マレーシア・フィリピンの4か国で4種類。
アフリカでも4種類が確認されており、合計8種類が存在しています。

見た目は、アリクイやアルマジロにも似てはいますが、体全体に鱗があるのはセンザンコウのみ。
この鱗は、硬いだけでなく両端が薄くなっており、下手に触るとケガの恐れがあるほど鋭いものです。

大きさは最大で体長が85cm、しっぽが80cm、体重25~33キロ。
敵に襲われると丸くなる習性があり、その丸まった状態では百獣の王・ライオンですら手出しができないほど。

しかしこの危険を感じると逃げずに丸まってしまう習性は、密猟者の格好の餌食になりました。
捕獲が容易なため、乱獲の対象となり、絶滅の危機に瀕しているわけです。

センザンコウの鱗は中国を中心に漢方薬に使われることが多く、最近では食肉としても利用され、その個体数を徐々に減らしています。
2000年にはワシントン条約の保護対象動物に指定され、現在は絶滅危惧種(レッドリスト)にも挙げられるほど深刻な状態に。

サンド(ポケモン)のモチーフ

ポケモンに登場する、サンドですが変化前はセンザンコウのようにトゲトゲしいイメージはなく丸い形をしています。

ポケモンのサンドの特徴は、丸くなって高速で移動することになっていますが、丸くなるという部分がセンザンコウの特徴に合わせたことになっているんですね。

サンドからサンドパンに進化した姿は、センザンコウに瓜ふたつです。

ただ、ポケモンのサンドパンとセンザンコウを比較してみると、姿形は似ているのですが、サンドパンの鱗やツメは、鋭いがもろいとなっており、実際のセンザンコウの鱗とツメとでは大違いになっています。

各国で個体数が減少

現在、アフリカ・アジアで合計8種類のセンザンコウの確認が取れています。

ただ、センザンコウの個体数の把握はされていないのが現状なのです。

しかし、中国では、センザンコウは食肉・ツメやウロコは漢方薬・皮はカバンや靴などに加工されています。

ベトナムでは、食肉として取り扱いがされているのです。

現在ワシントン条約で、輸入取引が禁止されていながら、中国では何万トンものセンザンコウのウロコが、200を超す製薬会社で漢方薬に使われている事実があります。

中国でも認められた省でしか、取り扱いができないのですが、年平均ウロコの取扱量は約27万トンにも上り、センザンコウ約7万5000匹に相当しているのです。

国が、センザンコウのウロコの使用を認めていることもあり、ワシントン条約指定後も密輸で中国に大量にウロコが入っている現状です。

2017年には香港で17万トンのウロコの密輸が摘発されてもいます。

中国で漢方薬として使用されているセンザンコウのウロコですが、アメリカの研究所でウロコの効能を調べた結果、人体に与える効能は確認が取れないと発表しているのです。

それを受けても、中国では毎年何万トンものセンザンコウのウロコを使用した漢方薬が販売されており、中国の関係省庁もセンザンコウのウロコが2000年のワシントン条約指定後の物かそれ以前の物なのかを把握していません。

これだけ、中国やベトナムでの消費が多いことで、アフリカでセンザンコウの価格が吊り上がっており、密猟の横行はやむ気配がないのも事実なのです。

スポンサードリンク

絶滅の危険性も

センザンコウは2000年にワシントン条約によって、輸入取引の禁止がされていることになっています。

また、センザンコウ自体が、準絶滅危惧種から絶滅危惧種に格上げにもなっているのです。

個体数が判明していないにも関わらず、レッドリストに名前を連ねているのは、先ほど紹介した中国の関与が非常に大きいです。

国の省が製薬会社に使用を認めていることから、国家ぐるみでセンザンコウの乱獲を認めていると考えてもいいでしょう。

17回ワシントン条約会議の見解を見てみると、センザンコウの密輸は最低でも年1万7000匹以上と推測されているにとどまっています。

わかっているだけで、年1万7000匹ですから、その数の倍以上が密輸されていることが考えられるのです。

センザンコウの繁殖能力も、実際確認が取れていない状態で年間1~2匹の繁殖能力しかないと考えれば、このまま密猟による乱獲が続けば、センザンコウは絶滅の道しかないことになります。

日本では、あまりなじみのないセンザンコウですが、中国では当たり前に加工されている動物なのです。

レッドリストに名前を連ねていても、輸入をやめない中国・ベトナムは国の対策としてどのように考えているのでしょう。

まとめ

ポケモンのサンドのモチーフとなった動物・センザンコウについて、その特徴や個体数減少の理由、絶滅危惧種に指定されていることなどについて紹介してきました。

日本ではなじみのないセンザンコウですが、中国やベトナムに旅行に行った時に、
地元の料理店で出された肉がセンザンコウだったという方もいるのではないでしょうか。
実は、これらの行為もワシントン条約の規定に抵触している可能性もあります。

世界情勢に、鈍いと言われている日本人なだけに、絶滅危惧種の動物を食べるのも罪になることを知っておくべきです。

ポケモンのサンドのモチーフになるほどの動物ですから、愛らしい動物でもあります。

ちょっとした行為が動物の絶滅を招くことを、世界中の方が分かり合えることを祈るばかりです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

  関連記事

市川海老蔵が小林麻央の訃報について記者会見!動画と発言全文まとめ

6月23日、亡くなったフリーアナウンサーの小林麻央さん(享年34歳)の訃報につい ...

【画像あり】江東区東陽町の火災現場はどこ?原因や電車への影響は?

江東区東陽町にある東陽図書館付近の解体現場で大きな爆発があり、その後大規模な火災 ...

つまようじボーガン向井正男の顔画像!焼肉店ぎゅうぎゅうの場所は?

皆さん、つまようじボーガンを知っていますか? ネット通販やYoutubeの動画で ...

東京駅ディズニーストアの場所はどこ?ベイマックスグッズの先行販売って?

お昼休みにTwitterを眺めていたら、こんなツイートが話題になっていました。 ...

詐欺メイクすうれろのプロフまとめ!カラコンやウィッグの情報も!

「すうれろ」という名前の美容系YouTuberをご存知でしょうか? 『詐欺メイク ...

コチラの記事も読まれています

 - ネットニュース , , ,